伊勢崎市国定で鍼灸を行なう「くにさだ鍼灸整骨院」
交通事故など 今まで改善しなかった首・肩・腰・肘・膝・足の痛み…根本から改善します

伊勢崎市 国定 くにさだ鍼灸整骨院 交通事故・首・肩・腰・肘・膝・足の痛み…根本から改善します

ご予約・お問い合わせ

0270-75-4008

予約優先制

24時間ネット予約

受付時間はこちら

ご予約・お問い合わせ

0270-75-4008

予約優先制

24時間ネット予約

受付時間はこちら

お知らせ

血圧の考え方

2019年3月26日

くにさだ鍼灸整骨院の飯島です。

 

今回は、はり灸で血圧を正常に近づけることができるのか?という話題をお届けします。

 

加齢とともに深刻化する(?)高血圧、私の周りでも上が160くらいの方はたくさんいます。

 

そもそも何故、血圧は上がるのか?

 

理由は明白です、体の隅々まで血液を滞りなく運搬しようと脳が心臓に命令するためにおこるのです。

 

高血圧とは言葉を聞いただけで、負の側面ばかり見えるように感じますが、実はそうではありません。

 

ホメオスタシス(体の生理機能の恒常性)が正常に働いた結果おこった生体反応なのです。

 

お薬を飲むことにより確かに血圧は一時的に下降します。

 

しかしこの反応はホメオスタシスを抑え付けているだけにすぎず、数値の上では確かに血圧はがくんとさがりますが、その数値を保つためには生涯その薬を飲み続けることになるでしょう。

 

私もお薬のお世話になることはあるので、すべてを否定する気はありませんが、できれは極力お薬のお世話にはならずに過ごしたいというが本音です。

 

血圧の上昇はその人の体に必要性があるために起こってる至極まっとうな反応です(しつこくてスイマセン)

 

手先足先の血流が悪く栄養されていないために、心臓のポンプはいっしょうけんめい働いています、このときのお体のリスクとして

 

血管の破裂

 

血管の内壁が生活習慣や嗜好などで狭くなっているために高血圧は起こります、その血管にポンプの圧をぐいぐい高くして血液を流し込もうとすると血管がつまってパーンと破裂しかねません。

 

これが動脈瘤破裂です、硬く狭いホースに水をぐいぐい送ったら当然破裂しますよね。

 

確かに降圧剤のメリットはこういった動脈の破裂を防ぐ意味ではよいと思います。

 

しかし、体の血流を抑え続けたらいずれどうなるか

 

筋肉、内臓の機能は、エネルギーとなる 血液 の供給が減少していずれ癌になることは疑いないのです。

癌は、動脈血(酸素を豊富に含んだ血液)の供給が乏しい部位から発生していきます。

その証拠に心臓癌という種類のがんは聞き覚えがある方はあまりいらっしゃらないかと思います。

 

鍼灸の血圧調整はどのように効くのが?

 

私の場合の治療方法は、主に血圧でお困りの方の脈の拍動を触知して、脈の形状に応じた手先足先、お腹などのツボに浅く鍼を打ち脈の状態を整えていきます。

 

場合によってはお灸をもちいる場合もあります。

 

そうすることにより高血圧の一因である末梢への血行不良を解消、さらに自律神経を副交感優位にすることで血管の質を変化させ、隅々まで血液をいきわたらせ内臓器へも滞りなく血液を促し、正常血圧であっても本来の心臓、血管の役割を果たせるようにしていきます。

ここまででご理解いただけるように、降圧剤のようにからだのもっている恒常性を抑え付けて、臓器への負担を増やして癌、脳梗塞、認知症等のリスクを爆上げする事実から目をそらし、数値だけを見て一時の安心を得るという、負のスパイラルから脱出したい方は一度今の対処方法を見直してみてくださいね。

人間には年齢に、体質に応じたそれなりの適正血圧というものがあると思います、ひとくくりにまとめ上げるのはメタボリックシンドロームを彷彿とさせますね。

 

くにさだ鍼灸整骨院は土曜日曜も受け付けております。

一覧を見る

ページの先頭へ